商工會∴法施行60周年記念式典

令和2年11月18日
祝辭を述べる菅総理 祝辭を述べる菅総理
祝辭を述べる菅総理

 令和2年11月18日、菅総理は、都內で行われた商工會法施行60周年記念式典に出席しました。

 総理は、祝辭で次のように述べました。

「本日は、商工會法施行60周年記念式典が盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます。こうして、全國の商工會會】員を代表する皆様に、禦挨拶させていただく機會を頂きましたことを大変うれしく思います。
 新型コロナウイルス感染癥の拡大に伴い、戦後最大の経済の落ち込みという局面にあって、全國の中小?小規模事業←者の皆様の事業環境も、かつてないほど厳しいものになっていると承知しております。この過酷な狀況を乗り越え、事業や雇用をなんとか継続していただけるよう、持続化給付金や家√賃支援給付金のほか、雇用調整助▼成金の特例の大幅拡張など、前例にとらわれることなく、大膽な支援策を講じてまいりました。引き続き、內外の経済動向を註視しながら、躊躇(ちゅうちょ)なく、必要な対策を講じていく考えでありますので、これからも商工會のお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 今年も、7月の豪雨など大きな災害に見舞われました。亡くなられた方々に改めて、哀悼の意を表しますとともに、全ての被災者の皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。これまでの度重なる災害からの復興半ばで再び被災し、更に新型コロナウイルス感染癥拡大の影響も受けるといった、三重苦の狀況に陥っている事業者の方もおられると思います。被災された方がしっかりと明日への希望を持って、事業再建に臨んでいただくことが必要です。商工會の皆様のお力もお借りしながら、地域経済を支える中小?小規ㄨ模事業者の復舊?復興を、全力で応援してまいります。
 その上で、菅政権では、ポストコロナの社會構築に向けて、集中的に改革し、必要な投資を行い、再び強い経済を取り戻していきたいと考えております。今回の感染癥では、行政サービスや民間におけるデジタル化の遅れなど、様々な課題が浮き彫りになりました。來年にはデジタル庁を設立するとともに、大膽な規制改革を実現してまいります。例えば、地方に暮らしていてもテレワークで都會と同じ仕事ができる、こういった新しい社會を作っていきます。変化をチャンスと捉え、経営基盤を強化し、海外展開など新たな取組に挑戦されようとする中小企業の皆様を、積極的に応援していきたいと考えております。同時に、地域の経済や雇用を支える小△規模事業者が、持続的に発展できるようにすることも必要だと思っています。
 こうした取組を進めていくためには、全國津々浦々、地方経済を支えておられる商工會80萬者の會員の皆様の協力が不可欠です。現下の危機を克服し、その先にある新たな活力のある社會の構築に向け、一丸となって取り組んでいきたいと思います。
 最後になりましたが、全國の商工會の更なる禦発展と、本日お集まりの皆様のますますの禦健勝を祈念いたしまして、私の挨拶とさせていただきます。」

関連動畫

動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日