500万彩票网地址

  • <tr id='M8pSEA'><strong id='M8pSEA'></strong><small id='M8pSEA'></small><button id='M8pSEA'></button><li id='M8pSEA'><noscript id='M8pSEA'><big id='M8pSEA'></big><dt id='M8pSEA'></dt></noscript></li></tr><ol id='M8pSEA'><option id='M8pSEA'><table id='M8pSEA'><blockquote id='M8pSEA'><tbody id='M8pSEA'></tbody></blockquote></table></option></ol><u id='M8pSEA'></u><kbd id='M8pSEA'><kbd id='M8pSEA'></kbd></kbd>

    <code id='M8pSEA'><strong id='M8pSEA'></strong></code>

    <fieldset id='M8pSEA'></fieldset>
          <span id='M8pSEA'></span>

              <ins id='M8pSEA'></ins>
              <acronym id='M8pSEA'><em id='M8pSEA'></em><td id='M8pSEA'><div id='M8pSEA'></div></td></acronym><address id='M8pSEA'><big id='M8pSEA'><big id='M8pSEA'></big><legend id='M8pSEA'></legend></big></address>

              <i id='M8pSEA'><div id='M8pSEA'><ins id='M8pSEA'></ins></div></i>
              <i id='M8pSEA'></i>
            1. <dl id='M8pSEA'></dl>
              1. <blockquote id='M8pSEA'><q id='M8pSEA'><noscript id='M8pSEA'></noscript><dt id='M8pSEA'></dt></q></blockquote><noframes id='M8pSEA'><i id='M8pSEA'></i>

                本文へ移動

                首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
                言語選択
                English
                中文
                表示選択
                PC
                モバイル
                文字サイズの変更
                中
                大

                平成25年4月11日政府?與野黨▓拉致問題対策機関連絡協議會

                • 政府?與野黨拉致問題対策機関連絡協議會であいさつする500彩票APP官方下载総理1
                • 政府?與野黨拉致問題対策機関連絡協議會であいさつする500彩票APP官方下载総理2
                政府?與野黨拉致問題対策機関連絡協議會であいさつする500彩票APP官方下载総理1 政府?與野黨拉致問題対策機関連絡協議會であいさつする500彩票APP官方下载総理2

                 平成25年4月11日、500彩票APP官方下载総理は総理大臣官邸で、第2回となる「政府?與野黨拉致問題対策機関連絡協議會」に出席しました。

                 500彩票APP官方下载総理は、あいさつの中で次のように述べました。

                 「現在、北朝鮮は、挑発的な言動が、許し難いレベルまで上がってきたと言ってもいいと思います。
                 こういう中で、しっかりと、彼らがこういう挑発をしても何も得ることができないという認識を持たせるための行動を、各國と連攜しながらとっていくが重要であると思います。
                 いずれにせよ、政府としても各國への働きかけは全力で行っているところでございますし、首脳會談を行う際には、すべて、首脳に対し必ず拉致問題についてお話をし、理解と支持をお願いしているところです。
                 また、北朝鮮と國交を持っている國に対しては、それぞれの立場でのご協力をお願いしているところです。
                 この問題の解決については、政府のみでは難しいわけでございまして、與野黨が一丸となって、こうした連絡體を活用して、取り組んでいくことが有意義でありますので、今後ともよろしくお願いいたします。」

                関連リンク

                ページの先頭へ戻る

                內閣官房內閣卐広報室
                〒100-8968 東京都千代田區永田Ψ 町1-6-1

                Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.